血圧低下に効く栄養素

栄養補助食品

高血圧の原因は、塩分と水分の摂りすぎ、もしくは下半身の筋力低下です。血圧を下げるためには、身体を温めて血管を拡張すること、特定の栄養素を食品やサプリから摂取し血管強化・血圧低下を促すこと、下半身強化をして毛細血管を増やすこと、などが必要です。

Read More...

手軽にできる若返り

薬を服用する

体が酸化するとは

サプリメントや健康食品の効果として『抗酸化』という言葉をしばしば目にすることがあります。では抗酸化とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。人間が生きていく上で、空気は絶対に欠かせません。この空気の21%は、酸素です。酸素は体内で栄養素と結びついて、エネルギーを作り出す働きをしています。ところが、酸素がすべて使われるわけではなく、余った分が出てきます。余った酸素は酸化して、金属を錆びさせるように、人間の体を錆びさせてしまうのです。一度始まった酸化は、連鎖反応でどんどん進んでいきます。酸化が進むと、内臓機能の低下や生活習慣病、老化などの問題が起こります。そうならないために、酸化に抗い、若々しさを保つようにするのが『抗酸化』なのです。

酸化に抗う成分

抗酸化作用のある成分を含んだサプリメントには、さまざまなものがあります。まず、ビタミン類です。中でもビタミンAやビタミンC、ビタミンEは、抗酸化ビタミンとも呼ばれます。特にビタミンCは、摂取して2時間〜3時間で、体外に排出されます。サプリメントなら、不足しがちなビタミンCをこまめに補給することができます。ポリフェノール類も、抗酸化作用が高いことで有名です。ゴマ由来のセサミンやリグナン、ブドウやブルーベリー由来のアントシアニン、赤ワインに含まれるレスベラトロールなどはすでにサプリメントでもいろいろな種類があります。サプリメントならば、食べ物の好き嫌いやカロリーの心配をせずに、抗酸化作用のある成分を摂取することができます。自分の悩みや体調に合わせたサプリメントを選んで、若々しい体を作りましょう。